たくさん成長ホルモンが分泌される

早く身体を回復させる

身体が傷ついた時、筋肉を鍛えていると早く回復できます。
それは、成長ホルモンの分泌量が増えるからです。
肉体が疲れていると、筋肉が傷つきます。
その状態でさらに仕事を続けると、もっと身体が傷ついて疲れから回復することができなくなります。
筋肉が発達していれば、早く回復できるのでたくさん仕事をしても疲れが溜まりにくいです。

毎日仕事をして、疲れがなかなか抜けないことに悩んでいる場合は筋トレに取り組んでください。
筋肉量を増やして回復スピードを早めたり、疲れにくい身体にしてください。
毎日コツコツ筋トレを続けることが大事です。
時々筋トレをする程度では、身体を鍛えることに繋がりません。
少しずつで良いので、続けることが重要です。

質の良い睡眠を確保できる

疲れから身体を回復させるためには、ゆっくり眠ることが大切です。
ですが長時間眠ったって、質の悪い睡眠になっていたら意味がありません。
筋肉量を増やして成長ホルモンを増やせば、質の良い睡眠を確保しやすくなります。
すると睡眠時間が短くても、翌朝には疲れが取れていると思います。
早く寝ても、疲れが溜まりすぎているとなかなか寝付けないことがあります。

特に年齢が上になると、成長ホルモンが少なくなるので質の良い睡眠を確保しにくくなります。
若い頃から筋トレをして、良質な睡眠を確保してください。
疲れが身体に蓄積されている状態で仕事を続けると、どんどん疲れて病気になるリスクが高くなります。
病気の予防のために、休むことを意識しましょう。


この記事をシェアする